創業昭和30年 ~ 長崎和食と地魚料理

戦後の混乱が残る昭和30年。「割烹ひぐち」は、長崎の地で産声を上げました。
以来、50年以上、長崎の人々に支えられ、そして、ひぐちの料理人が
親しみやすい価格と創業以来の味を守り続けてきました。
そんな職人が丁寧に作る長崎和食と新鮮な地魚料理を一部ご紹介します。

長崎御膳

1,380円(税込1,490円)

◆牛かん ◆あじさい揚げ ◆刺身 ◆ピーナツ豆腐
◆鯨のじぶ煮 ◆珍味2種 ◆長崎天麩羅 ◆季節の炊き合わせ ◆茶碗蒸し ◆デザート ◆吸い物 ◆漬物 ◆ご飯

長崎ならではの食材を使って、手間暇をかけた長崎の味がいちどにお楽しみいただけます。

刺身盛り合せ

1,980円(税込2,138円)

〈3~4人前〉

長崎は多種・多量の水産物が取り扱われる海の恵み豊かな港町。その新鮮な旬の魚介類を使ったじげもん(地元者)料理を提供しています。

鯨の刺身四種盛り

1,280円(税込1,382円)

◆尾羽 ◆ハギ皮 ◆ぼうずベーコン ◆赤身

長崎に伝えられ、今も護り継がれる食文化のひとつに鯨料理があります。代表的な料理では鯨じゃが(鯨肉を使った肉じゃが)や、お刺身、正月の雑煮にとさまざまなシーンに鯨の料理が登場します。長崎の鯨消費量は日本一です。

グランドメニュー

 メニューをめくるようにご覧ください 

Please wait while flipbook is loading. For more related info, FAQs and issues please refer to dFlip 3D Flipbook Wordpress Help documentation.